人は必死になるといった我を忘れてもいいのだと思った

大都市から故郷に嫁ぎ 余裕の倦怠さで気が滅入るある日。
ダディーが文鳥2羽を連れて帰ってきた。

文鳥の眩しい見てくれや動きにすっかり日々の倦怠さは消えていうあたり、1羽が飛行中にゲージに激突!
落下した以後々 動けなくなりヤツ羽がダラリといった下がっていた。
これは折れたなと捉え、小さなカゴに移した後、お世話になっている動物医者へ電話でノリをレビューし、一年中だけ概況をみてお越しすることに。

羽が折れてるから止まり木はなしとして観察。
囮といったお水は正しく食べれてるし、飲むのであす、始発の風呂にのぼり、キャリー背後の中でプリプリぶれる文鳥をなだめながら、20食い分程でトイレブレイクタイムで停車した。

故郷に住んで要る収支、動物医者等は大都市まで生ずるのにバスで2期間ほどかかってしまう。
この日は胴の調子が悪くて、いつもならブレイクタイムも車内にいたのですが、一気に立ち返るつもりでキャリーバックを脇に置いて急いでトイレに向かいました。

この時ドライバーが外でタバコを吸っていたので、トイレに行きますという声をかけて中に入りました。
内容を増やし着物をいそいで増やしてるという風呂が旅行始める調が!! 慌てて出ると風呂は行ってしまった 鳥だけを乗せて…

パニックになったみなさんは走った!生まれてやっと全力で走った!!

待ってぇっ!というわめきながら。
叫びながら滑るも100m程で転倒。
その間に風呂ははるか遠くに…

いかんせんって青くなっているといった、駅舎にいたヤツが道程を聞いてくれて、風呂業に連絡して鳥を先に停留所まで任務持ってお預かりして頂く部分に。
ホッとして次の風呂を避けるって、鏡に写る自分にギャァっ!
泣き叫び全力で走った収支、表情は真っ赤、目は真っ黒、毛髪は面白系統…

財布のポーチは持っていたけどメイクポーチ等なく、仕方なくティッシュで目元を直すも完全には直せないまま、文鳥を迎えをめぐって医者へ…

やっぱり折れていたので医療を通して受け、舞い戻る事が出来ました。
布団の中でトラブルに合ったなと思い出してたら、全力で走って転倒して表情は魔物。
わめきわめく自分が心からに可笑しくなり笑ってしまいました。息が止まるほど、臭い頭には⇒クリアハーブミストのお試しを。